Q.木村さんは、何をしている人?

線路の保守に関わる「線路総合巡視」という仕事をしています。入社1年目は線路の基礎について一から学び、「列車見張員」の資格を取るなど、座学と現場での実践学習を繰り返しました。2年目の現在は巡視や現場調査で責任者を務めながら、保線業務について先輩方から学んでいます。

Q.線路総合巡視って何をするの?

簡単に説明すると、線路を実際に歩き、周辺環境を含め線路状態に異常がないかどうかを人の目で見て確認する仕事です。線路内や周辺に電車の運行に影響するような支障物はないか、レール等に異常はないかなど、1回の巡視で往復約4㎞線路内を歩きながら確認します。検査機器を使った線路の検査も定期的に実施していますが、人の経験や感覚を頼りに実施する線路総合巡視は、保線業務の中でも基本であり、とても重要な仕事です。

Q.お仕事で大変なことと、やりがいを教えてください

どんな天候でも点検してまわるところですね。特に真夏は暑くて大変です。やりがいは、電車が実際に走る線路を、この手と目で確認し、修繕できることです。直接線路に関わることで、責任感とともに充実感も感じますね。もともと表に出るよりも裏方でいる方が好きだったので、運行を影から支える、縁の下の力持ちのような存在でいられることが嬉しいです。

Q.趣味は?

テニスです。小学校高学年から高校3年生までクラブに入って硬式テニスをしていました。今は都合が合えば友達と月に1回程度、浦和の市民コートを借りてやっています。シングルスかダブルスか、で言うとシングルスが好き。一人のほうが気が楽なので(笑)。

映画も好きです。ジャンルで言うと、基本はアクション映画。特にマーベルのシリーズはコミックから読むほど好きです。最近だと『トランスフォーマー』の新作が面白かったですね。新作が公開された『スター・ウォーズ』もこれまでの全作品を観ているので、とっても楽しみです。

Q.夢を教えてください

海外勤務が夢です。特に東南アジアや欧米に行ってみたいです。ドイツなどの欧米では線路の保守管理に最新技術を使った取り組みが進んでいて、とても興味があります。設備も良いようなので、実際にどんなふうに管理しているのか見てみたいなぁって思いますね。