梅田製麺所までは、戸田公園駅から徒歩7分。この地で創業65年という、見るからに老舗と分かる外観が目印。

Q.長橋さんは、何をしている人?

「サービス品質改革室」という、部署で働いています。お客さまからのご意見やご要望を分析し、お客さまに満足していただけるように、サービス品質向上に関する施策を企画し、各部と打合せしながら実施しています。カスタマーサービスというとわかりやすいかもしれないですね。それと、社内では「よくするプロジェクト」というものにも関わっています。

Q.長橋さんが関わる「よくするプロジェクト」って?

大宮支社では埼京線と武蔵野線で実施している、社内向けの改善プロジェクトです。私は埼京線を担当していて、沿線に関わる駅、運転士、車掌、車両関係の社員が集まって、最近お客さまからこういうご要望を聞いたとか、こういう問題があったというのをみんなで議論するんですね。北は川越から南は新木場、大宮支社から東京臨海高速鉄道という他社の方々が集まるので、年に3〜4回の開催とはいえ、規模は大きいです。プロジェクトで話し合った内容をもとに啓発ポスターを作ることもありますよ。

今は社内だけで実施していますが、ゆくゆくはお客さまへのアプローチもできるといいなと思って、色々考えています。

出迎えてくれた、ご主人の梅田さん。「関東の人にあう味」に徹底的にこだわっている。 「関西はコシ重視、関東は味を重視する。地域性を考えた味作りをしなきゃね」

Q. JRの大宮支社って、どんな職場ですか?

働いている人のほとんどが、埼玉にゆかりのある人ばかりです。なので、日々の暮らしが仕事へのフィードバックになることは多いかもしれないですね。私も埼玉北部の生まれで今は川口に住んでいるので、埼京線の担当になってからは休日は埼京線沿線の街を歩くようにしています。

麺は太めん、中太めん、細めんなど、全部で6種類。極秘のブレンドで仕上げた麺を求めて、遠方からも常連客がやってくるそう。

 

 

写真を見て「なんだか授賞式みたいになってしまいましたね(笑)」と長橋さん。

Q.埼京線の魅力はどんなところ?

マンションや商業施設もあって適度な都会でありながら、今日訪れた梅田製麺所みたいな昔ながらのお店もある。その共存具合がいいのかなと思っています。

Q.梅田製麺所の麺の、おすすめ食べ方を教えてください。

ここは支社の先輩に教えてもらったんですけど、こうして打ち立ての麺が買えるお店って珍しいですよね。食べてみたら、麺に程よいコシがあって美味しくて、それからよく買いに来るようになりました。お店のご主人おすすめの、大根おろしを乗せて食べる冷やしうどんも最高なんですけど、私は麺を茹でて、キノコをたくさん入れて食べるのが好きです。色んなキノコの出汁が出て美味しいんですよ。

私たちは実際にこの街に暮らしているので、こういうお店があるんだよっていう魅力をたくさん知っているはずなんですよね。なので、沿線以外の方にももっと伝えていきたいなあと思っています。

Q.プライベートとお仕事、それぞれの今年の目標は?

・お仕事

お客さまからの「ありがとう」とか「良かったよ」というお褒めの言葉を増やしていきたいです。厳しいご指摘を現場にフィードバックして改善に繋げていくのも大事なことなんですが、お礼の言葉を現場の社員に伝えると、みんなすごく喜んでくれるんですね。「ブレーキの掛け方がとても上手だった!」みたいなお言葉も届くんですよ。運転士や車掌はお客さまと話す機会も少ないので、ささいな声でもすごく嬉しいんです。なので、そうした声をもっと頂けるように頑張っていきたいというのがあります。

・プライベート

海外旅行に行きたいなあと。なかなかまとまったお休みが取れないので国内が多くなりがちですが、憧れの地でもあるアイルランドに行ってみたいなあと思っています。行ったという話をあまり聞かないので、余計に行ってみたいですね(笑)。